MENU

細胞レベルでクルマ購入する

マイカーの査定の要請をするときは、査定担当者の対応を見て感覚をつかむことが重要です。

 

差し詰め、査定をするのは人間です。

 

その人の品性にもよりますが、感触を探ることで、部分的な査定額の動向を把握することができます。

 

万一、査定の時、担当者に誠意を少しも感じられないような場合は、高値は期待できないでしょう。

 

そうしたケースは、取り引きを打ち切って、別のディーラーに転換た方がよいかもしれません。

 

印象の悪い査定担当者に、いくら愛車の良い部分をいい通してもそれが通ることは難しくなります。

 

査定士はプロフェッショナリストなので、誘引しなくても根本的にに査察アップの点は見逃しません。

 

結果を急ぎすぎて無理に成約すると、後で他の業者の査定額をみて後悔することになるので、感触が良くない時は、あっさり切り上げる方が無難です。

 

査定担当者に対しては、ある程度はアピールしてもいいのですが、あまりしつこすぎると逆に感触が悪くなるので、注意しなければなりません。

 

査定担当者は早い段階で契約を取りたいと思っています。

 

それにより、良い触りを得ていたとしても、じっくりと対応することが不可欠です。